「スクール生の第1期生の募集を開始いたします」

2020年6月28日現在、連日のように東京を中心に新型コロナウィルス感染者数が増え続けているというニュースがながれています。

第二波ではないという専門家の意見もあるようですが、過敏になる必要はないにしても第二波、第三波への正しい備えが必要かと思います。

さて、先日6月27日の土曜日の18時から香川県高松市の国分寺整骨院において

「コロナで大変な今だから知りたい自費移行セミナー」

を開催させていただきました。

少人数制で約2時間という限られた時間の中でしたが、

これさえ押さえておけば自費移行は怖くない3つのポイント」

と題して、大きく3つのポイントに分けて自費移行に関しての注意点や明日から実行できる内容をお伝えしました。

まず1点目は、自費移行の際に先生方が特に悩まれる「自費治療の治療費の決め方」についてです。

誰でもできる根拠に基づいた治療費の算出方法をお伝えしました。

治療費の算出では、実際に1つずつ説明しながらワークをおこなった参加者の先生からは

「特に考えて治療費を決めていなかったので参考になりました」

というお声もありました。

 

そして治療費を決める以前に、院のオペレーションや治療時間などの現状を把握する必要もありますから、現状認識の大切さも感じていただけたのではないでしょうか。

 

次に2点目として、「院に来なくなった患者さんへのアプローチ方法」の1つをお伝えしました。

いくつもあるアプローチの方法の中で、実行しやすいものを選んで、何が重要でどこに注意すべきかという点を中心にお話ししました。

これについてはその場で完成するものではありませんが、価格算出のワーク同様に頭を使って考える時間もありましたので、順を追って実行していけばご自分の院にあったものができるのではないでしょうか。

 

3点目として、患者さんの「治療効果を上げるための環境作り」についてお伝えしました。

これについてはすでに取り組まれている先生もおられましたので、治療効果を高めるための環境整備をさらに加速できることでしょう。

途中に何度もご質問を受けながら進めたセミナーですが順調に進んだ結果、少し時間に余裕がありましたので、特別編として実際に私の院で導入している「治療回復プログラム」をご説明しました。

この内容だけでも今回参加された価値があるのではないかと思います。

ご参加いただいた先生はラッキーでしたね。

 

ではご参加いただいた先生の感想を一部ご紹介いたします。

高松市 O先生(鍼灸師)

『初めて経営についてのセミナーに参加でしたので、

とても勉強になりました。今までは、治療が目的の勉強会

には参加したことがあるのですが、集客についてのセミナーは、

今回が初めてでした。1つ1つ物にできるように、

勉強していきます。

お忙しいのにありがとうございました。』

 

 

丸亀市 勝部先生(柔道整復師、鍼灸師)

『価格設定を実際に計算して

「もっとがんばらないと!」と思いました。

今回参加させていただいたことで、

自費移行はやはり未来があるなと思いました。

ありがとうございました。』

 

今回のセミナーでお伝えした内容は自費移行の際のポイントと、自費に移行した後でも引き続き必要になる内容もお伝えしました。

ですので、本当にご自分の院に落とし込むためには実践する時間も練習も必要になります。

そこで引き続き学びを深めていくために必要なのが繰り返しの復習や、継続的なサポートです。

今回、自費移行に関して一緒に学ぶことができて実践のスピードを加速することができる

「整骨院完全自費化スクール」

の第1期生を募集いたします。

 

香川県高松市での毎月の勉強会とメールなどでの個別サポートにより、

「1人で悩んで先に進めない」ということや

「誰に聞いていいか分からない」などのお困りごとをなくすお手伝いができる内容になっております。

すでにご入会の先生と一緒に、自費移行に向かってできることから始めませんか?

整骨院完全自費化スクールへの入会をご希望の先生は、詳細をメールにてお問い合わせください。

taguchi@shikoku-jihi.com

ご応募お待ちしております。

整骨院完全自費化スクール 柔道整復師 田口 誠二 監修

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。