2回目の自費移行セミナーを開催しました。

2020年7月26日現在、連日のように東京を中心に新型コロナウィルス感染者数が増え続けているというニュースが流れています。

一旦は収まったかに見えた感染者数も、様々な理由でまた増え始めています。

政府が始めたGo To トラベルキャンペーンに賛否はありますが、特にコロナの影響が大きい観光業や飲食業への需要喚起や地域の活性化につながるのは間違い無いでしょう。

さてそんな中、先日7月25日の土曜日の18時から香川県高松市の国分寺整骨院において

「コロナの影響で休業しないための対策が分かる自費移行セミナー」

を開催させていただきました。

高松市内や丸亀市内から4名の治療院の先生が参加され、少人数制で約2時間という限られた時間の中でしたが、

コロナの影響で休業しないための対策」

と題して、コロナ過で患者さんの来院数に影響があった院と影響がなかった院の違いをお伝えしながら、参加者の先生方にも意見を出し合っていただきました。

途中、ワークにも参加していただきながら進めていきました。

今後「新しい生活様式」が推奨される状況が続く中、治療院の自費移行化は避けられないのでは無いでしょうか。

次に「患者さんの離脱率」を下げるために明日からすぐにできる具体的な施策もお伝えしました。

患者さんの離脱率が上がるということは、適切な治療が適切なタイミングで行えないということになりますから、特に慢性的な症状でお困りの患者さん自身も困ることになります。

離脱率を下げるということは、治療院と患者さん双方にメリットがあるんですね。

また、当院でとても大事にしている「問診」についてもメソッドをお伝えしました。

これについても「患者さんの治療効果を上げるための問診」ということがポイントになりますので、明日から取り入れることができる重要なポイントをお伝えさせていただきました。

途中に何度もご質問を受けながら進めたセミナーですが順調に進んだ結果、少し時間に余裕がありましたので、特別編として実際に私の院で導入している「治療回復プログラム」をご説明しました。

この内容だけでも今回参加された価値があるのではないかと思います。

ご参加いただいた先生はラッキーでしたね。

 

ではご参加いただいた先生の感想を一部ご紹介いたします。

高松市 O先生(鍼灸師)

『今日も参加してとても勉強になりました!問診や会話で自分ができていないことが多いことが分かり、逆に、今日勉強したことができるようになれば、自分でもできるのではないのか?と思えるようになりました。あと、他のベテランの先生方の話も聞けて勉強になりました!』

 

丸亀市 勝部先生(柔道整復師、鍼灸師)

『毎回参加させていただくことで、自分ができていること、できていないことが明確になり、弱いところを強化できるのがありがたいです。』

 

高松市 大谷先生(柔道整復師、鍼灸師)

『言葉、行動、一つ一つの自身がおこなっていることをステップアップさせないことに気づきました。「○○○○○○○○」明日から即実践します。』

 

高松市 O先生(柔道整復師、鍼灸師)

『本日はありがとうございました。今回は問診に対して自分がきちんとできていないことを実感しました。問診一つで患者さんがリピートにつながったり、離脱したり影響が大きいのでこれからはもう少し時間をかけて、患者さんが納得できるようにしていきたいと思います。』

 

今回のセミナーでお伝えした内容は自費移行の際のポイントと、自費に移行した後でも引き続き必要になる内容もお伝えしました。

ですので、本当にご自分の院に落とし込むためには実践する時間も練習も必要になります。

そこで引き続き学びを深めていくために必要なのが繰り返しの復習や、継続的なサポートです。

今回、自費移行に関して一緒に学ぶことができて実践のスピードを加速することができる

「整骨院完全自費化スクール」

の第1期生を募集しております。

 

香川県高松市での毎月の勉強会とメールなどでの個別サポートにより、

「1人で悩んで先に進めない」ということや

「誰に聞いていいか分からない」などのお困りごとをなくすお手伝いができる内容になっております。

先月入会された先生は、すでにこの1ヶ月で自費の患者さんを増やすことに成功しています。

すでにご入会の先生と一緒に自費移行に向かって、できることから始めませんか?

整骨院完全自費化スクールへの入会をご希望の先生は、詳細をメールにてお問い合わせください。

taguchi@shikoku-jihi.com

ご応募お待ちしております。

整骨院完全自費化スクール 柔道整復師 田口 誠二 監修

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。