保険依存の接骨院の先生が自費移行しない決定的な理由とは?

田口
田口

こんにちは、タモケン先生。

すごいことが分かってしまいました。

えっ、え〜!

いきなりなんなんですかぁ?

すごいことってぇ。

保 険太郎先生
保 険太郎先生
田口
田口

タモケン先生が保険治療をやめられない理由です。

とうとう分かってしまったかもしれません。

ひぃぃ、またですかぁ。。。

そりゃ、長年保険でやってきましたしぃ、急にはやめられませんしぃ。

いきなり自費にもできませんしぃ。

保 険太郎先生
保 険太郎先生
田口
田口

そうですよね。

色々な理由はあると思いますが、決定的な理由が分かってしまったんです。

うわぁ。こわぁ。

なんなんですかぁ、その決定的な理由ってぇ。

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

そうですね、それはね

タモケン先生が田舎のヤンキーだからです。

はいぃぃぃ???

ち、違いますよぉ!

学生時代を含めて一度もヤンキーみたいなことはしたことありませんよぉ。

大体見た目だって全然違うでしょぉ?

あんなセンスのかけらもない格好なんかしてませんよぉ。

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

そうですかね。

ところで、香川県のお隣にある岡山県では運転マナーが良くないことをご存知ですか?

な、なんですか急にぃ。

そんなん知りませんよぉ。

ヤンキーの運転マナーが悪いのは全国共通でしょぉ?

保 険太郎先生
保 険太郎先生

 

田口
田口

それがですね、普通の人も運転マナーが悪いというのです。

ウインカーをつけると負け、みたいな感じらしいですよ。

えぇ???

どういうことですかぁ?

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

はい、決まり通りにウインカーをつけると、「真面目にウインカーなんかつけちゃって、優等生くん」みたいに言われるらしいです。

だからそう言われたくないからウインカーをつけずに曲がったり、車線変更したりする人がよその地域より多いんですって。

まあまあ有名な話ですよ、これ。

まあ、全員ではないとは思いますが。

変な習慣ですねぇ。

ていうか、それが今回の話となんの関係があるんですかぁ?

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

はい、岡山の「優等生くん」と呼ばれたくないがための行動や、田舎のヤンキーの行動に代表されるように、「俺、悪いことしてるやろ、かっこいいやろ」「ルールを破っている俺、カッコええ」という謎理論があります。

真面目にルールを守ると「優等生くん」と言ってバカにされるわけです。

田舎に行けば行くほどこういう傾向があるのかもしれませんね。

ただ、統計をとったわけではありませんが、心当たりがある人もいるのではないでしょうか?

まあ、そういうことはあるかもですけど、だからなんなんですかぁ?

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

だから保険をやめられないんだってことです。

保険を扱っている整骨院・接骨院って、9割がた、いえ、ほぼ10割が置き換え請求や、部位転がしをしているでしょ?

これは田舎のヤンキーと同じ思想で、心の奥底で「違法請求している俺、かっこええやろ?」と思っているからなんです。

「え、自費でやってんの?保険を使わずに?優等生くんやなあ」とこういう思想なんでしょうね。

い、いや、違いますぅ。

そんな田舎のヤンキーみたいな思想は持ち合わせていませんよぉ。

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

そうですかね。

ここ数年、なんで違法請求を続けてまで保険にこだわるのか、なんで正当に自費で勝負できないのかが不思議でならんかったんです。

いろんな言い訳を聞きましたが、どれもこれもどうにもしっくりこない。

何か根本的な問題があるのでないかと考えて辿り着いた答えが「田舎のヤンキー理論」です。

根本がこれだったら自費移行はできませんよね。

納得、納得。

お疲れっした!

ちょ、ちょいちょい、待ってくださいよぉ。

僕は田口先生のことを「優等生くん」だなんてバカにしたことないですよぉ。

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

でもね、結局のところ人間の思想や心の奥底にある考え方って、行動に現れるわけです。

自費移行できていない、そして平気で違法請求、置き換え請求、部位転がしをしている時点で、「みんなやっているやろ」「馬鹿正直に自費だけでやって、あいつら優等生くんか?」「違法請求という危ない橋を渡っている俺、かっこええやろ」「すごいウチの旦那、違法請求してる!そこにしびれるあこがれる~!」という考えがある証拠です。

あ、はいぃ・・・。

なんか、今回は特に決めつけがすごいですぅ。。。

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

そうですね。

決めつけというか、こじつけというかw

でもこの期に及んでまだ自費移行できない人が多すぎるので、色々考えた結果辿り着いた答えです。

田舎のヤンキーみたいな思想があるのかないのか、一度よくよく考えてみてくださいね。

もしそうだったら自費移行はもう無理だと思ってください。

いつまでもダサダサのダボダボスウェットを着て、文句言いながら保険にしがみついておくしかないですね。

そんなぁ。

茶髪も黒髪に戻しますぅ。

自費移行しますぅ。

保 険太郎先生
保 険太郎先生

田口
田口

タモケン先生、茶髪だったんですねw

というわけで今回の「田舎のヤンキー理論」編は終わりです。

次回をまたお楽しみに。

自費移行のきっかけとして自費の患者さんを集める方法を知りたい方は

次回の「講座開催セミナー」のご案内をお待ちくださいね。

(監修 柔道整復師 田口誠二)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です