「休業しなくても整骨院でプラスの影響が出る!コロナ対策セミナー」 を開催させていただきました。

2020年8月24日現在、連日のように東京を中心に新型コロナウィルス感染者数が増え続けているというニュースが流れています。

先日行われた日本感染症学会学術集会でも、専門家らが

「全国的に見ると(感染拡大は)だいたいピークに達したとみている」

と発言しており、

・今が感染拡大のピークである

・しかし安心していいと言うわけではない

・引き続きの感染防止対策が重要である

という見方を示しています。

さてそんな中、先日8月22日の土曜日の18時から香川県高松市の国分寺整骨院において

「休業しなくても整骨院でプラスの影響が出る!コロナ対策セミナー」

を開催させていただきました。

高松市内や丸亀市内から2名の治療院の先生が参加され、少人数制で約2時間という限られた時間の中でしたが、

「休業しなくても整骨院でプラスの影響が出るコロナ対策」

と題して、コロナ禍で患者さんの来院数に影響があった院と影響がなかった院の違いを復習しながら、参加者の先生方にも意見を出し合っていただきました。

途中、ワークにも参加していただきながら進めていきました。

今後「新しい生活様式」が推奨される状況が続く中、やはり治療院の自費移行化は避けられないという認識で一致しました。

今回は

・実はダイエットと同じ!

明日からできる自費治療の売り上げが40%アップする来院リスト作成法。

・患者さんが次回予約をせずにいられない、たった1つの鉄板ルール

・短期的な売り上げが上がれば上がるほど逆にリピート率が下がる〇〇〇の法則

というテーマで自費の患者さんを増やす方法や、治療院の自費化に伴って選択してはいけないことをお伝えいたしました。

 

途中に何度もご質問を受けながら進めたセミナーですが順調に進んだ結果、少し時間に余裕がありましたので、問診の際に気をつけるだけで患者さんと信頼関係を気づくことができる今日から実践できるポイントをお伝えいたしました。

この内容だけでも今回参加された価値があるのではないかと思います。

ご参加いただいた先生はラッキーでしたね。

 

ではご参加いただいた先生の感想を一部ご紹介いたします。

 

高松市 O先生(鍼灸師)

『今日もセミナーに参加して勉強になりました。今回で3回目ですが、最初の頃に勉強した内容を忘れていました。やはり何回も繰り返して勉強することが大事だと思いました。』

 

丸亀市 勝部先生(柔道整復師、鍼灸師)

『重要なことを繰り返し聞けることで忘れてしまっていたことを思い出せたり、新たな内容で大きな気づきもありとても勉強になりました。』

 

今回のセミナーでお伝えした内容は自費移行の際のポイントと、自費に移行した後でも引き続き必要になる内容です。

ですので、本当にご自分の院に落とし込むためには実践する時間も練習も必要になります。

そこで引き続き学びを深めていくために必要なのが繰り返しの復習や、継続的なサポートです。

今回、自費移行に関して一緒に学ぶことができて実践のスピードを加速することができる

「整骨院完全自費化スクール」

の第1期生を募集しております。

 

香川県高松市での毎月の勉強会とメールなどでの個別サポートにより、

「1人で悩んで先に進めない」ということや

「誰に聞いていいか分からない」などのお困りごとをなくすお手伝いができる内容になっております。

先日入会された先生は、すでに自費の患者さんを増やすことに成功しています。

初月で自費の患者さんが40%アップし、2ヶ月目にはさらに過去最高の売り上げになるとのことです。

すでにご入会の先生と一緒に自費移行に向かって、できることから始めませんか?

整骨院完全自費化スクールへの入会をご希望の先生は、詳細をメールにてお問い合わせください。

taguchi@shikoku-jihi.com

ご応募お待ちしております。

整骨院完全自費化スクール 柔道整復師 田口 誠二 監修

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。