講座見学特典付き!年間50人の新規患者さんを広告費ゼロで集める体験型・実践型セミナー

・去年からのコロナ禍で治療院経営の風向きが変わってきた。

・なんとなく患者さんが減ってきた気がするけど何をしたらいいか分からない。

・自分の院のターゲットとなる「来てほしい患者」さんだけに来てほしいけど、どのように集客すればいいか分からず悩んでいる。

このようにお思いの整骨院・接骨院・治療院の先生はおられませんか?

実際に私自身が昨年から続くコロナ禍で感じたことでもあります。

さらに、

・チラシを配っても思うような成果が出ない。

・広告の制限があるから本当に伝えたい広告を作ることができない。

・いい患者さんばかりに囲まれて仕事ができたらいいのになあと思ってしまう。

私も以前はこのようにも思っていて、何とか効率よくターゲットとなる患者さんだけに来てもらう方法がないかずっと考えていました。

そして、できるものなら減ってしまった患者さんをコロナ禍以前のようにもう一度増やしたいと思っていました。

現在、私と同じようなお考えの先生も多くおられるのではないですか?

そんなことが簡単にできれば苦労しませんよね。

しかし私が昨年から続けてきたある方法によって私の院の風向きはいい方向に変わりました。

その方法が「ターゲットの患者さんばかりを集客できる方法」だということに気づいてしまったんです。

そしてその方法を実践すると、本当に思ったように来てほしい患者さんが来てくれるようになりました。

今日はその方法をお伝えしようと思います。

今こそ講座開催です!

ところで「ターゲットとなる患者さんに来てもらう」ための一番効果的な方法は何だと思いますか?

ハガキ?

DM?

新聞の折り込み広告?

地域のタウン誌広告?

どれも費用がかかりますしきちんとした反応を出そうと思ったら難しいですよね。

実はそれよりも確実に、

「ターゲットの患者さんに来ていただける方法」

があるんです。

その方法とは、

・費用はほとんどかからない

・後日来院が確実になる集客力がある

・体の不調に困っている方に治療のきっかけを提供できる

・初めてのチャレンジでも患者さんが集客できてしまう

こんな特徴があるのですが、本当にそんな方法があったらやってみたくないですか?

実は【 講座開催 】がその方法なんです。

私は数年前から香川県高松市国分寺町周辺で、「肩こり解消講座」や「腰痛防止講座」のような健康講座を何度も開催しております。

当初はその講座に参加された方が後日改めて整骨院に来院するということは全くありませんでした。

私は講座を開いて健康情報や日常のケアをお伝えし、

「知っていることを伝えることができた。よかったよかった。」

と思いましたし、

参加者の方は

「いい話が聞けた。参加してよかった。」

と満足してお帰りなるのです。

それを繰り返しており、いずれ整骨院への集客につながるのではないか?と思いながら、結果的になぜか全く集客には繋がりませんでした。

ですから当時は「講座開催とはそういうものか」と思っていたのです。

しかし昨年から続くコロナ禍の中で講座を続けるうちに、参加された方から講座終了後に

「先生の整骨院に行きたいんですが予約は取れますか?」

と言われるようになりました。

もちろん全員が私がターゲットとする患者さんばかりです。

最初はそれがどうしてなのか理由が分かりませんでした。

「たまたま講座の内容がよかったのかな?」

「たまたまお伝えしたセルフケアが好評だったのかな?」

そんなことしか思い浮かばず、訳がわからないまま予約を受けていたのです。

しかし後になって集計すると年間50人もの新規患者さんをこの講座開催から集客することができていたことが分かりました。

一部ですが講座からの集客実績をご紹介いたします。

・地元の福祉施設開催の「腰痛予防講座」では34名参加でその場で5名の来院予約

・隣町のデイサービス開催の「腰痛予防講座」では14名参加でその場で4名の来院予約

・自院開催の「腰痛予防講座」講座で6名参加でその場で6名の来院予約

・自院開催の「肩こり予防講座」講座で4名参加でその場で2名の来院予約

・地元の公民館開催の「腰痛予防講座」では6名参加でその場で3名の来院予約

・地元の福祉施設開催の「認知症予防講座」では18名参加でその場で5名の来院予約

しかもこれら全ての講座が広告料ゼロ、または講師料をいただいての実績です。

去年のコロナ禍から数えても十数回も開催してきた「地域の方のための健康講座」でも、講座を開催するたびにその場で整骨院への予約があります。

そこで「ひょっとしたら集客できる講座をメソッド化したら、治療院の先生方のお役にも立てるのではないか?」

こう考えて全ての講座の内容や組み立て方を録画した動画や音声を何度も見直して分析してみた結果、

講座の中で

ある時間帯に

あるタイミングで

ある言葉を話すと、

「先生、お願いです。ぜひ私の症状を診てください。」

と言われるということが分かりました。

その講座の組み立て方のポイント、講座の作り方をメソッド化し、治療院の先生方にお伝えできる機会を設けました。

講座開催は誰にでもできます!

香川県はもちろん、四国内では今まで受けることができなかった内容のセミナーです。

「講座見学特典付き!年間50人の新規患者さんを広告費なしで集める体験型・実践型セミナー」

と題しまして、2021年12月25日(土)14:00〜18:30に香川県高松市の国分寺整骨院で開催します。

セミナーの内容の一部をご紹介しますと、

◆【第一部・講座開催セミナー】14:00〜15:30

「初めてでも患者さんが予約してくれる講座開催の7つのポイント」

・講座の開催に適切な人数設定とは?

・「何の講座をすれば良い?講座で何を話せばいい?」が解決。

  上から順番に書いていくと講座のテーマと講座で話す内容がその場で決まるカンタンワーク!

・初めての講座開催でその場で集客できるタイムスケジュールとは?

・早く帰りたいと思っていた参加者を優良患者に変える魔法の一言とは?

・同じ地域の治療院から抜け出せる!講座開催日程決定ワーク

このように実際に何の講座をするのか、テーマや内容まで自動的に決まるワークもしながら最新のトークテクニックをお伝えいたします。

◆ 【第二部・講座見学体験】 16:00〜17:00

私が実際に一般の方向けに行う講座をアシスタントとして見学していただきます。

第一部の講座開催セミナーでお伝えしたポイントを実演しますのでそれを実際に見ることができますから、その場で答え合わせができるというわけです。

◆ 【第三部・フィードバック】 17:30〜18:30

講座開催セミナー、講座見学を終えた後にフィードバックとして説明や質疑応答の時間を取ります。

ここでセミナーで学んだ内容、見学した内容の理解がグッと深まります。

このような講座開催には欠かせない大切なポイントを参加者ご自身で再現できるように具体的にお伝えします。

そして実際に講座の流れをその場で見ていただき、ご自身で開催するセミナーのシナリオも完成させることができるセミナーです。

受講すれば再現性があるセミナーです

今回のセミナーの最大の特典はセミナーの第二部で、

「実際に私が一般の人たち向けに行う腰痛解消講座」

を見学することができるという点です。

セミナーの中で講座開催のポイントを学び、その後に実際の講座を見学することで、セミナーの内容が事実かどうかよく分かると思います。

実際に今年の5月にこのセミナーを受けられて、その後に腰痛講座を開催されたことで患者さんに予約してもらうことに成功した先生の声をご紹介します。

——————————————————

★岡山県倉敷市 天城整骨院 今行慎二先生

【受講前に抱えていた問題点とは?】

何度か講座を独自で開催していましたが、参加者の満足度が低いこと、参加者の治療の予約を取ってもらうことが出来ていなかったことです。

【受講中に気づいた変化とは?】

今までは、こちらの言いたい事を中心に講座を作っていこうという意識がありました。

何度か講座を開催していましたが、参加者目線で講座の内容を考えていなかったことに気付かされました。

【受講後にまず取りかかっとこととは?】

講座のスライドを作成し直しました。

【受講後の今行先生主催のイベントでの変化とは?】

講座の参加者の満足度が明らかに上がったと感じました。

また、今までは参加者が治療の予約を取ってもらうことが出来ないでいましたが、受講後の講座では参加者の治療の予約も取ってもらうことが出来ました。

今度も講座開催を定期的に続けていこうと思います。

——————————————————

 

★愛媛県今治市 星野鍼灸整骨院 星野康隆先生

【受講前に抱えていた問題点とは?】

受講前にも自分で健康講座をやっていましたが、講座を受けた方の感想をいただくと満足度は高いにもかかわらず、来院につながらないことがほとんどでした。

【受講中に気づいた変化とは?】

今回講座を見学させていただき、自分が行っていたタイムスケジュールとの違いやスライドの使い方や内容の違いに驚きました。

実際に自分が講座を聞いていて、自分自身が良かれと思ってやっていたことが、参加された方にとっては情報過多になっていたことがわかりました。

たくさんの情報を詰め込むことは逆に何も残らないんだなと気付きました。

また、自分が行っていた講座ではクロージングについての提示が全然なされていなかったこともわかり、成約に繋がらない理由がいくつもあったことが良くわかりました。

【受講後にまず取りかかっとこととは?】

講座を受講後、スライドを見直し、必要最小限の情報をどうすればわかりやすく伝えられるかを考えて作成し直しました。

また、クロージングに向けて情報の出し方をしっかり見直して作り直しました。

再構成をする際にも、講座を見学させていただいたおかげでスライドに必要な内容が見て理解できていたので、情報量に注意しながら作成していくことができました。

【受講後の星野先生主催のイベントでの変化とは?】

受講してから、まだ間も無いためイベント自体は行っていませんが、講座で再構築した治療の説明モデルやクロージングを使っていくと、患者さんのリピート率が向上してきています。

また、初診の方の印象もよくなったようで、次回はいつ来たらいいでしょうか?と相手の方から言われることもありました。

講座での集客だけでなく、来院されている方へも信頼感が増したことで、とてもありがたいです。

——————————————————

参加された先生方の声にあるように、

・セミナーの内容をそのまま再現できる

・初めての講座開催でも患者さんに来てもらうことができる

・無理なく講座への集客ができる方法も学べてそのまま再現できる

・講座開催の日程までセミナー中に決めることできる

このような特別なセミナーですから、できるだけ少人数でお教えしたいので

定員は3名(残り2名)とさせていただきます。

セミナーに参加できるのは、接骨院、整骨院、治療院、鍼灸院、整体院などを経営されている方が対象です。

今回のセミナーでは「いい話聞いたな」で終わることはありません。

セミナーに参加されたと同時にさっき聞いたセミナーの内容をその場で検証することができるまたとない機会となっております。

こんな特別なセミナーはあまりないと思いますので、

「コロナ禍をきっかけに患者さんが減ってしまった」

「以前のように患者さんに来てもらいたいけど何からしたらいいか分からない」

「そもそも新規患者さんにどうやって来てもらうの?」

このような整骨院・接骨院・治療院の先生方はぜひこのセミナーを受けてみてください。

きっと保険を使わなくても治療を受けてくださる患者さんが増えるはずです。

参加費は49,800円(税込)となります。

今回、セミナーのご案内が遅れましたこと誠に申し訳ありません。

そして参加表明を早めにしていただくとセミナーの準備が楽になりますので、早期申し込み特典として

12/17(金)までにお申し込みとお支払いの方に限り34,800円(税込)とさせていただきます。(15,000円を割り引きさせていただきます)

12/18以降のお申し込みの場合は49,800円(税込)となります。

お申し込みは簡単です。

メールフォームから必要事項を入力の上お申し込みください。

なお定員は少数ですし埋まり次第締め切りますので、少しでも講座開催にご興味がおありでしたら今一度お忘れになる前にチェックしてみてください。

なお今回、短時間で講座開催のメソッドを学ぶことができる、

講座開催のポイントのみを習得できるセミナーもご用意しました。

前半の【第一部・講座開催セミナー】14:00〜15:30のみ受講できる安価なセミナーですので、お時間が取れないという先生はこちらをご覧ください。

「広告費マイナスで年間50人の新規患者さんを集める方法」

(柔道整復師 田口誠二 監修)

▽セミナー概要

講座見学特典付き!年間50人の新規患者さんを広告費なしで集める体験型・実践型セミナー
日時 令和3年12月25日(土)14:00~ 18:30
会場 国分寺整骨院

〒769-0101 香川県高松市国分寺町新居516-1

定員 3名(残り2名)*参加人数が定員になりしだい募集の方を締め切らせて頂きます
受講料 49,800円(税込)

12月17日までのお申し込みとお支払いに限り 34,800円(税込)

懇親会 セミナー後は懇親会を企画しています(近隣にて実費負担)
申込締切 令和3年12月24日(金)23時まで

▽セミナーのお申込みはこちらからどうぞ

    必須お名前
    必須フリガナ
    必須保有資格

    ▽その他の方はこちらへ資格名をご入力ください

    必須施術院名
    必須院住所 (入力例:1234567 *ハイフンなし
    都道府県
    市区町村
    町域
    以降の住所
    必須電話番号 ※当日連絡可能なお電話番号をご記入ください。
    必須メールアドレス
    必須懇親会
    任意備考


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。