保険診療をやめて自費移行するためのステップ その1

皆さん、こんにちは。

今回は整骨院、接骨院の先生方が、今後整骨院業界で成功するために1番最初に取り組むことをお伝えいたします。

整骨院完全自費化スクールの田口誠二が、治療院成功塾の作尾大介先生と対談する形で、先生方の参考になるような内容となっておりますので、ぜひお時間のある時にお読みください。

音声データでも聞くことができるようになっておりますので、通勤時に聞き流していただいても結構です。

https://anchor.fm/n7m6ulfnac8/episodes/ep-e1d8bt6/a-a796pt3

ではまず、

「保険診療をやめて自費移行するためのステップ その1」

としてお話を進めてまいります。

 

田口
田口
初めまして、
四国は香川県で整骨院完全自費化スクールを
主宰しております田口誠二と申します。

そして、自費移行について
アドバイスいただける先生が
こちらの先生です。

作尾先生よろしくお願いします。

作尾先生
作尾先生
はい、初めまして。

主に関西地方で自費移行のお手伝いや
治療院の新規開業のアドバイスを
させていただいています
「治療院成功塾」の主宰をしております
作尾大介と申します。

田口
田口
作尾先生、
このチャンネルは整骨院や接骨院の先生方が、
グレーな保険治療から脱却するために
自費移行したいという際に
参考にしていただけるようなことを
お伝えするチャンネル
ということでよろしいですか?

作尾先生
作尾先生
はい、そうです。
今日から何回かに分けて、
みなさんがすぐに取り組めるような
自費移行のポイントをお伝えしようと思います。

それは自費移行の初歩的な
ステップになりますので、
ぜひお時間のある時に
聞いていただけたら幸いです。

田口
田口
では早速ですが、
まずは初回の内容として

「自費移行の際に治療院にいらないもの」

というテーマで進めさせていただ来ます。

私も作尾先生も数年前に
自費移行をしたわけですが、
その際に処分したものが
たくさんありましたよね?

作尾先生
作尾先生
はい、本当にたくさん処分しました。

田口
田口
それは物理的に処分したものが
たくさんあったということですか?

作尾先生
作尾先生
その通りです!

いらないものを捨てて、
実際に院内からたくさんのものをなくしました。

田口
田口
そうなんですね。
ではまず自費移行の最初に
作尾先生が処分したものってなんでしょうか?

作尾先生
作尾先生
はい、一番最初に処分したもの、
これはやろうと思えば
その日にできることなのですが、

「保険関連のものを全て無くす」

ということなんですよね。

田口
田口
なるほど、
例えば保険関連のものって
何を処分されたんですか?

作尾先生
作尾先生
まず、壁に貼ってある
「保険証が新しくなります」
というポスターを剥がして捨てました。

田口
田口
あの定期的に厚生支局から送ってくる
国保とかのポスターのことですか?

作尾先生
作尾先生
そうです。

田口
田口
それって剥がすと何か問題は発生しませんか?

あれが送られてきたら
古いポスターと入れ替えておかないと
患者さんとかスタッフとか困りませんか?

作尾先生
作尾先生
それがですね、全く困らないんです。

だってポスターを剥がしたからって、
その時点から保険を扱えなくなる
わけじゃないですからね。

田口
田口
確かに。

作尾先生
作尾先生
自費移行は少しずつ
順番に進めていけばいいので、
いきなり保険をやめてゼロにする
必要はないんです。

でも保険関連のポスターなんかは
貼っていても剥がしても
なんら問題が発生しませんから、
いずれ自費移行するという
意思がおありでしたら、
今すぐなくしてもいいですよね。

しかも画鋲を抜いたり
両面テープ剥がすというだけで
誰でもすぐにできることですからね。

田口
田口
なるほど、
ポスターを剥がすだけですし、
何も問題がないのであれば
すぐにできそうですね。

保険関連のポスターのほかに
処分したほうがいい
「保険関連のもの」ってありますか?

作尾先生
作尾先生
はい、受付カウンターに掲示してある

「月初には保険証を提示願います」

みたいな貼り紙ですね。

あと「各種保険取扱」の掲示も
はずしてください。
これもいりません。

保険と書いてあるもの全部不要ですよ。

田口
田口
なるほど、
当たり前に貼ってあるものですが、
確かにこれを剥がしてもすぐに
保険をやめないとダメ
ということはありませんよね。

作尾先生
作尾先生
そうなんですよ。

表の看板にデカデカと貼ってあるものは
業者にお願いするしかありませんから
今すぐ剥がすということは難しいでしょう。

でも院内やカウンターに貼ってあるもの
でしたらすぐに剥がせますよね。

田口
田口
確かに私も外の看板にあった
「各種保険取扱」は看板屋さんに
上から別の「自費治療専門」
というステッカーを貼ってもらうまで
少し時間がかかりました・・・。

例えば「整骨院・接骨院へのかかり方」
みたいなポスターも保険に関連するので
剥がしていいんですか?

作尾先生
作尾先生
はい、すぐに剥がしてください。

まあ「こんな時は保険使えるの?」
とかを患者さんに聞かれたら
説明してあげればいいだけですので、
保険に関係するものは無条件に剥がして処分、
でいいと思います。

田口
田口
無条件に・・・
一度やり出して全部剥がしたら
気持ちいいかもしれませんね。

作尾先生
作尾先生
そこなんですよ!

ご自身の「自費移行するぞ!」
という決意表明にもなりますし、
いらないものを剥がして処分すれば
スッキリして患者さんも気持ちよく
通院できるようになりますよ。

そして保険の表記がなくなれば
保険患者さんはだんだん減っていきます。

特に表記をなくしただけで
新規の保険患者さんは
不思議と来なくなります。

そして今来られている保険患者さんは

数ヶ月は通院してもらって、

徐々に自費の患者さんを増やしていく

という準備ができますよね。

自費の患者さんを増やしていくという点

についてはまた別の機会にお話しさせていただきますね。

今回はとにかく保険関連のものを無くす

ということに注力してください。

田口
田口
なるほど、
決意表明にもなり環境整備にもなる
ということで
「保険関連のものを全て剥がして処分」
は一番最初にできる自費移行のステップなんですね。

作尾先生
作尾先生
はい、それが成功への第一歩です。

田口
田口
そういうことですね。

とはいえ、やはり私自身も経験がありますが
処分すべきかどうかの判断や
いるいらないの判断が難しい場合
がありますよね。
できているつもりでできていない、とか。

そういう場合は作尾先生に
お聞きしてもいいんでしょうか?

——————

作尾先生
作尾先生
もちろんです!

自費移行に関して
ご質問や確認したいことがあれば、
関西方面の先生でしたら私、
作尾が主宰をしている「治療院成功塾」
までお問い合わせください。

LINEの公式アカウントがありますので、
概要欄から友達追加できるように
リンクを貼っていますので、
友達になっていただいてから
LINEメッセージをください。

そうすればできるだけ
24時間以内に返信させていただきます。

治療院成功塾LINE公式アカウントはこちら

田口
田口
ありがとうございます。

四国方面でしたら私、
田口が主宰をしている
「整骨院完全自費化スクール」
までお問い合わせください。

同じように公式LINEアカウントのリンクを
貼っておきますので
友達になっていただいてから
メッセージをください。
同じように24時間以内には返信させていただきます。

整骨院完全自費化スクールLINE公式アカウントはこちら

田口
田口
些細なことでも
ご質問していただいても大丈夫ですよね?

作尾先生
作尾先生
もちろん大丈夫です。

自費移行に関するご質問や
こんな時はどうするの?
とかでも構いません。

私たち2人とも自費移行で
苦労した身ですので、
経験談を元にお答えできることは
たくさんあると思っています。

田口
田口
そうですね。

では今回はここまでとさせていただきます。

次回も自費移行の際にいらないもの
というテーマの続きをお話しさせて
いただこうと思います。

作尾先生、
本日は貴重なお話をありがとうございました。

作尾先生
作尾先生
ありがとうございました。

——————

【治療院成功塾】

https://chiryoin-jihiseiko.com/

治療院成功塾の作尾先生に自費移行の質問をする時はこちらから

https://lin.ee/1PVAAYvVM

——————

【整骨院完全自費化スクール】

https://shikoku-jihi.com/

整骨院完全自費化スクールの田口に自費移行の質問をする時はこちらから

https://lin.ee/wvdQEGk

——————

(監修 柔道整復師 田口誠二)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。