自費移行後のイメージ(その4)時間通りに治療開始できます。

今回のブログは自費移行した治療院に来られた患者さんが受付を済ませて、いよいよ治療室に入ってからのお話です。

今後、先生方が自費移行のご予定がおありかどうかに関係なく、自費移行後のイメージだけを感じて、そして知っていただければ幸いです。

1)すでに自費移行が完了していて自費治療のみである。

29割以上が自費治療。

3)自費移行中で、保険治療と自費治療の両方を扱っていて自費の割合が多い。

4)自費移行中で、保険治療と自費治療の両方を扱っていて保険の割合が多い。

59割以上が健康保険か自賠責保険治療。

今回は特に4)と5)の状況である先生方に読んでいただければと思います。

1)と2)の先生は読む必要がありませんのでそっと閉じてくださいね。

時間通りに治療開始できます。

自費移行すれば、完全予約制への移行もセットだということは以前にお伝えしました。

当院では

予約時刻=治療開始時刻

となりますので、治療開始までにしていただくことがあります。

・受付

・手指の消毒

・治療室へ移動

・着替えがあれば済ませる

・荷物を荷物置きに収める

治療開始までにこれらを全て済ませる必要がありますから、

当院では5分前に院に来ていただくルールとなっています。

まれに交通渋滞や突発的な出来事で遅れる患者さんがおられますが、ほとんど全てと言っていいくらいの患者さんが時間を守って来院してくださいます。

6年前に保険を扱っていた頃は、受付順番制でした。(一部が予約優先制)

受付順番制ですと、いつ患者さんが来るかわかりませんから常に待機しておかなくてはいけません。

そこから開業1年後に完全予約制に移行したわけです。

完全予約制に移行した当初は交通事故の患者さんや保険の患者さんもまだ多くおられて、なぜか予約時間を守らない方が多くて困った記憶があります。

「予約してたけどやっぱりいけません。」

「ごめんごめん、忘れとった〜。」

5分くらい遅れても大丈夫やろ。」

こんな方もおられました。

このような状況では時間通りに治療開始できませんし、そのあとに予約の時間通りに来られた患者さんをお待たせしてしまうことにもなりかねません。

ですからそういう時間にルーズな患者さんは仕方なくお断りをしたことも何度もありました。

とにかく

・交通事故を含めた保険の患者さん

・自費の患者さん

この両者に決定的に違うことは「時間の感覚」だということを知りました。

しかし考えてみると

・計画的にしっかりと体を治したいという時間管理ができる自費の患者さん

・とりあえず揉んで欲しいという保険患者さん

・慰謝料目的で何度も通うだけ通いたい交通事故の患者さん

この三者では患者さんの質が違うというのは仕方のないことです。

そして完全に自費治療に移行すれば、次のような変化が見られます。

・ご自身の時間管理ができる患者さんしか来られなくなります。

・予約時間通りに治療開始ができます。

1日の予約枠を効率的に稼働させることができるようになります。

自費移行してこのようになれば理想的ですね。

予定通りに事が進むということは治療院側も患者さん側もお互いにストレスがなくなりますからいいですよね。

今回までのブログでのお話で、患者さんが治療室に入って治療を開始するまでのお話をさせていただきました。

保険治療のみ、または9割以上が保険治療という先生は少しだけ自費治療のイメージができましたでしょうか?

ただ自費移行後のイメージといっても、まだ治療にすらかかっていませんので次回に続きますね。

今回のブログについて、

「本当か?それ」

「自費移行ってできるの?」

などといったご質問があれば「整骨院完全自費化スクール」までメールでご質問くださいね。

info@shikoku-jihi.com

24時間以内に返信させていただきます。

整骨院完全自費化スクールでは、会員の先生には個別に内容を見て自費移行の改善点をお教えしています。

「患者さんからの問い合わせがない」

「以前に比べて問い合わせが減った」

「コロナ禍で患者さんの来院数が減った」

このようにお感じで、整骨院完全自費化スクールにご興味がおありだという先生は、まずはメールにてお問い合わせいただけましたら幸いです。

info@shikoku-jihi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。