「飛び込み営業の方に患者さんとして来てもらうきっかけとは?」

毎日来るわけではないですが、院を構えて仕事をしていると、皆さんの院にもいろんな業種の営業の方が来られますよね。

生命保険、健康食品、以前は補正下着の営業の方などなどが来られたこともあります。

補正されていない体型の女性でしたが(笑)

ただ忙しいときに飛び込み営業は困ります。

とくに私の院は完全予約制なので、ご予約の患者さんがいるときはまず対応できません。

受付スタッフに要件を聞いてもらうか、また来てもらうかの2択になります。

先日たまたまお昼の時間に、ある有名企業の営業の女性が来院されました。

その方が取り扱っている商品は私の院には必要のないものだったのですが、少しだけお話を聞いてみることにしました。

色々と質問していると腰痛があるということが分かり、それなら腰痛防止講座に参加されませんか?とお伝えしたところ参加されるとのことでお約束をしました。

お約束通りに講座に参加されたその女性は、講座の終わりには後日の来院予約を取って帰られて、そして数日後に実際に来院されました。

お仕事柄、長年気になっていた腰痛が良くなるという希望が持てたというその女性も、私も患者さんとして来ていただいたことでお互いにいいことだと思います。

こんなことも講座をきっかけにして可能なのです。

そして講座で何をどのようにお話しすれば良いか、どのタイミングで何に注意してお伝えすべきかを具体的にお伝えできる機会を4月23日の土曜日に香川県高松市で設けました。

詳しくはリンク先をご覧くださいね。

初めての講座開催で予約が取れる!年間50人の新規患者さんを広告費ゼロで集める体験型・実践型セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。