整骨院が自費移行する時に起こる「治療技術問題」を早期解決する方法とは?

整骨院の自費移行は待ったなし

令和4322日付けで厚生労働省により「柔道整復師の施術に係る療養費について」が一部改正されたのは記憶に新しいところです。

令和461日より受領委任の取り扱いを停止し、償還払いに変更することが保険者の判断でできるということになりました。

例えば、 自己施術や自家施術も対象になります。

まだこんなことをしている方がいるのということにも驚きますが・・・。

さらに保険者からの紹介内容を無視して回答しない患者や、複数の施術所で同部位の施術を重複して受けている患者なども該当します。

今更という感じはしますが、当然といえば当然ですよね。

こんな患者のためにある制度ではありませんから。

今後さらに締め付けが厳しくなっていく療養費の請求に関して、いつまでもしがみつきますか?

それとも自費治療をメインとした院に移行していくことを選択されますか?

もう後者しかないと思います。

自費治療に価値を感じてもらえるのか?という不安

自費移行はしたいが、とはいえ自費治療に価値を感じてもらえるのか?という不安はあると思います。

自費移行した当時の私も同じ気持ちでした。

現在自費移行中の先生にお聞きしても同じような不安を口にされます。

「保険に自費をプラスするならまだしも、完全に自費メニューだけって患者さんに受け入れてもらえるのか?」

「そんなに高額な治療費をもらえるような技術を持っていない」

「その治療費に見合う治療結果を提供できる自信がない」

このように言われる先生は多いです。

確かに長年保険を扱ってこられた先生であればあるほどこのような不安は強いかもしれません。

でもそんな不安を一気に無くす方法があったら知りたくないですか?

自費移行中の先生方の不安を一気に解消できる方法とは?

今回はたった5分でビフォーアフターが出せる方法が学べる機会のお知らせです。

しかも院長先生だけでなくスタッフも同じ結果が出せる方法です。

本当に?と思いますよね。

それは微弱電流を使った治療機器を用いる方法です。

手順が決まっているのでスタッフでも再現可能です。

先程もお伝えしたとおり、この治療機器を使えば経験が浅いスタッフでもしっかりとした治療効果を出すことができます。

それは検査も含めて手順が全て決まっており、それを覚えるだけで再現できるからです。

もちろん習ってすぐ完璧に再現できるかというとそうではありません。

しかし、誰もが習ったその場でビフォーアフターを出すことは可能なのです。

事実、今まで行ってきた体験会では全員がビフォーアフターを出すことに成功しております。

そんな治療機器をどこで試すことができるの?

先生やスタッフが同じ効果を出せる治療機器の使い方を学ぶことができて、自費移行の不安も払拭できる体験会が811日に名古屋駅周辺で行われます。

もちろん再現可能なように緻密に作り上げられた治療方法です。

そしてその手順を全て学ぶことができる体験会です。

定員は10名。

もうすでに8名の方が参加表明されているため、あと2名で締め切りとなります。

大阪や神戸で開催した際は毎回満席になるこのセミナーですが東海地方では初めての開催です。

今回は中国地方や近畿地方、関東、四国などからも参加されます。

名古屋駅周辺で行われるため、日本全国どこからでも交通の便もいいですね。

自費移行にお悩みで、

保険どっぷりから脱却したい、

でも治療技術に自信がないなどの不安をお持ちの先生はぜひ参加してみてください。

きっとあなたの治療院の明るい未来につながることでしょう。

申し込み締め切りは8月4日ですのでお急ぎください!

お申し込み方法、体験会の詳細はリンク先をご覧ください。

お申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。