自費移行後のイメージ(その1)自費治療患者さんの質とは?

前回までのブログでは自費移行へのステップや初歩編を13回にわたってお伝えしてまいりました。

自費移行にご興味がおありの柔道整復師の先生で、まだお読みで無い方はぜひご一読いただければと思います。

自費移行の初歩編(その1)お金に慣れましょう。

自費移行の初歩編(その2)早い反応がうまくいくきっかけです。

自費移行の初歩編(その3)ご自身の体調をチェックしましょう。

自費移行の初歩編(その4)今から5分で誰でも自費移行できる方法

自費移行の初歩編(その5)レジ内のお金を数えていますか?

自費移行の初歩編(その6)言われた手順通りを再現できていますか?

自費移行の初歩編(その7)何でも人のせいにしていませんか?

自費移行の初歩編(その8)ローマは1日にして成らず

自費移行の初歩編(その9)患者さんの訴えを把握していますか?

自費移行の初歩編(その10)意外なことでリピート率は改善します。

自費移行の初歩編(その11)自分なりに頑張ってみるってどうなの?

自費移行の初歩編(その12)保険依存が患者さんの悩みを増やしています。

自費移行の初歩編(その13)誰かが費用の一部を払ってくれるのは当たり前?

 

さて、接骨院・整骨院・鍼灸院を開業されている先生方は、扱っている保険治療と自費治療の割合でいくつかに分けることができます。

1)すでに自費移行が完了していて自費治療のみである。

29割以上が自費治療。

3)自費移行中で、保険治療と自費治療では自費の割合が多い。

4)自費移行中で、保険治療と自費治療では保険の割合が多い。

59割以上が健康保険か自賠責保険治療。

売り上げや患者数の割合についてはこのような5つの分類になるかと思います。

今回は特に4)と5)の状況である先生方に読んでいただければと思います。

1)と2)の先生は読む必要がありませんのでそっと閉じてくださいね。

自費移行後のイメージ

今回は

自費移行しないと大変なことになります!

とか

自費移行をしていきましょう!

とか

自費移行した方がいいですよ!

とかそんなドキドキするようなことは書きません。

実際に自費移行したい先生はすでに完了させていますし、自費治療専門で成功されている先生も私はたくさん知っています。

なので自費移行したい先生はそうすればいいし、自費移行せずにまだまだ静観するという先生はそれでもいいかと思います。

ただ、自費移行後に治療院がどう変わって、どのような流れになるのかというのはイメージしていただいてもいいかな?と思います。

今後、先生方が自費移行の予定があるとかないとかは関係なく、自費移行後のイメージだけを感じて、そして知っていただければ幸いです。

①急に入ってきて「今からいける?」という患者さんはいなくなります。

完全に自費移行が完了したら、それは完全予約制もセットとなりますので、いきなり入ってきて「いける?」みたいな方は1人も来なくなります。

何も完全予約制にしてください、という意味ではありませんよ。

あくまでも完全予約制にしたらこうなります、ということです。

完全予約制については別ブログに書いていますのでお読みくださいね。

「あなたも今日から本当にできる自費移行までのベイビーステップ」

さて、先日当院に数年ぶりにこんな電話がかかってきました。

「今ね、近くでおるんやけど、1年前から肩が痛くて上がらん。今からいける?」

というお電話でした。

当院は完全予約制なので、1ヶ月前からのご予約の患者さんの治療中でしたし、その後も予約は埋まっていました。

「そうですか、それはお辛いですね。1年前から肩が痛いのでしたら早めに治療したほうがいいと思いますが、あいにく本日はご予約が埋まっております。明日は休診日なので明後日の1115分からでしたらご予約可能ですがご予約は取られますか?」

と受付スタッフが対応したら、

「いいです」

と言って電話を切られたそうです。

あとで聞いたら駐車場にそれらしき車がいて、電話を切るや否や出ていったのできっと院まで来ていたのでしょう。

完全予約制ですから知らない車や患者さんの車以外の車が駐車場にいたらすぐに分かります(笑)

「近くでいる」というのはその人の勝手な都合です。

多分たまたま通りがかったか何かで「完全予約制」の看板を見たから電話をしてきたのでしょうけど、それは予約とは言いません。

「短絡的な思いつき」と言います。

歩いていてうちの院の前でつまづいて捻挫したからという場合は考慮しますが、今回は100%そうではありません。

計画的に治療を希望されている患者さんがたくさんおられる中で、

「今からいける?」

みたいなファーストフード店のようなノリで来られても治療をお受けすることはありません。

自費移行すると、

ご自身の予定をしっかりと立てて、

治療にかかる時間を捻出し、

計画的に治療をされる

というクレバーな患者さんだけが来られるようになります。

計画的に治療しますから当然ながら治療効果も上がりますよね。

当院が保険を扱っていた6年以上前には、健康保険証を受付カウンターにフリスビーみたいに投げて「揉んでくれ」という初老の男性が来られたこともあります。

嘘みたいな本当の話です。

ですが今では本当に質のいい患者さんしかいません。

1ヶ月後の予約を取って、約束通り、時間通りに来られて治療をお受けになる患者さんだけが来られています。

信じるかどうかは自由ですが本当の話です。

ここまでのお話で、自費移行後の患者さんの質についてお話をさせていただきました。

保険治療のみ、または9割以上が保険治療という先生は少しだけ自費治療のイメージができましたでしょうか?

ただ自費移行後のイメージといっても、ここまで患者さんが玄関扉を開けるまでの段階なのでまだまだ続きます。

長くなりそうですので、次回に続きますね。

 

今回のブログについて、

「本当か?それ」

「完全予約制ってできるの?」

などといったご質問があれば「整骨院完全自費化スクール」までメールでご質問くださいね。

info@shikoku-jihi.com

24時間以内に返信させていただきます。

整骨院完全自費化スクールでは、会員の先生には個別に内容を見て自費移行の改善点をお教えしています。

「患者さんからの問い合わせがない」

「以前に比べて問い合わせが減った」

「コロナ禍で患者さんの来院数が減った」

このようにお感じで、整骨院完全自費化スクールにご興味がおありだという先生は、まずはメールにてお問い合わせいただけましたら幸いです。

info@shikoku-jihi.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。